logo
ホーム » ブログトップ »国松の独り言»治療院業界は可能性の宝庫

治療院業界は可能性の宝庫

2014 年 04 月 03 日

こんにちは、治療院集客の株式会社クニマツの国松昊世です。

 

僕は整体の師である、某日本古式整体療法の当主の先生の施術を定期的に受けています。

自分の体の治療とトレーニングの両方が同時に叶えられるのでありがたいです。

 

先生の施術や先生の横の繋がりの先生方の施術を受けていて思うことは

治療技術は、本当に奥が深い」ということです。

あと、「治療院業界って、本当に可能性の宝庫!」だとも感じます。

わかりやすい部分だと、筋骨格の施術や内臓の施術がありますが

脳や心臓や血管や神経、それらと概念の違う体内の圧力や空間の施術など

また精神面の施術など、本当に人間にできることは無限にあるな~と感じさせられます。

 

なかには「なんのこっちゃ?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが

そもそも精神と肉体って切っても切り離せない密接な関係性があり

一方が弱れば、もう一方も弱るわけで

そう考えると目に見える部分にばかり固執するのはどうかな?と感じるわけです。

 

普通に肉体に施術を行っても無意識的に精神面に良い影響は出せると思いますが

この無意識さを少しでも意識的なものにして不用意な影響を防ぎたいとと感じるわけです。

その場合に、接触面は肉体でも精神面に影響を出せる施術技術というものが必要と感じます。

 

それに人はそれ個人で生きてはおらずく、周囲の環境によって多大な影響を受けることから

空間の施術など、一見すると奇想天外な施術があっても当たり前だなと思うわけです。

 

このような可能性を追求できる治療家って素晴らしくないですか?

やろうと思えばどこまでも深く広く技術追求をできますし一生かけて取り組める仕事です。

それに、人がいるところには必ず治療院って需要があります。

もはや治療院業界って可能性しか感じないわけです(笑)

 

また先日、とある海外の代替医療を取り上げた番組を見たのですが

そのなかで紹介されていたのが、気功?のような技術でした。

手術に使用する輸血用の血液に手をかざして気?を送るというものです。

その血液を使用すると患者さんの予後が良好らしく、手術後の回復が早いのだそうです。

病院側も科学的な根拠はないけど、結果が圧倒的に良いため採用しているとのこと。

 

また、色々調べてみると海外では「ホリスティック医学」という観点で

いわゆる代替医療が多く取り入れられており、院内に専門施設がある病院もあるそうです。

きっとまだまだマイノリティなのでしょうが(笑)

 

普段の日常生活、とくに会社員生活を送っているとこのような技術は

離れ業過ぎて、正直受け入れがたいですし、新興宗教か?と疑われるかもしれませんね(笑)

 

でも、もともと日本人は科学的な根拠に囚われない領域についても受け入れやすい民族性もあり

このような「常識的観点からの離れ業」について受け入れる素養が大いにあると思っています。

このような病院との連携や大学との連携のような取り組みは

将来的には必ず日本でも取り入れられていくと思います。

 

そうなったら、もはや市場に制限ってものがないわけです。

「人」なら全員顧客になりうるわけですし、中には「動物」を施術する方もいます。

 

なので、治療院業界はしっかりともっと自分たちが取り組んでいることを

わかりやすく言語化してドンドン発信して伝えていくべきです。

これを今からしっかりやっていれば将来絶対いいことしかないですから。

 

最近文章のまとまりが悪いように感じますが

ひとまず意図が伝わってくれればうれしいです(笑)

 

とにかく、まずはしっかり毎日ブログ更新なり情報発信を行って

治療院業界をともに盛り上げていきましょう!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

株式会社クニマツ

国松 昊世