まずは気づきをシェアするつもりでブログを書きましょう|治療院集客ブログ

logo
ホーム » ブログトップ »治療院集客成功の秘訣(実店舗経営)»まずは気づきをシェアするつもりでブログを書きましょう

まずは気づきをシェアするつもりでブログを書きましょう

2014 年 04 月 01 日

こんにちは、治療院集客の株式会社クニマツの国松昊世です。

 

最近季節の変わり目のせいか(笑)気分のムラや発想のムラが大きいです。

そんなときってどうしてもブログや仕事に取組もうと思っても無理なときがあります。

 

本当はこういうムラは失くしたいのですが

一方で、整体師の観点から見るとこのムラって決してネガティブなものではないと考えています。

人には寄せては返す波のようなリズムが体の至るところにありますし

バイオリズムなどを見てもやはり浮き沈みというものが明確にあることがわかります。

気分や思考のムラを消すということは、同時に生命のリズムの消失にもつながり

これが様々な病気や不調、不定愁訴や精神疾患の要因になるのかと感じる時が最近多くあります。

特にサラリーマンなどは常に一定のパフォーマンスと生活を強いられる部分があると思いますので

この人として必要なリズムを見失いやすい環境下で生活することで体調を崩しやすいのではと思います。

 

治療院集客のブログにおいて、まったく集客と紐づかないやけに治療家的なことを書いてしまいました(笑)

最近は施術をしっかり行うように努めておりますので、治療家よりな思考が強くなっています。

 

このような立場の違いによる思考の視点の変化はなかなか刺激的で

各々のポジションから同じことを考えても出てくる解が違う時がよくあります。

このような内的なポジションの変化をたまに行うと色々な気づきが多く

これは施術にも役立ちますし、治療院経営にも役立つ気づきが多くなかなか良いものです。

 

父として子を思うや、夫として妻を思う、店員として店舗を見る、顧客として店舗を見る…

人一人をとっても他者との関係性において様々なポジションが作り上げられていきます。

ですので、このような取り組みは基本的に難易度の高いものでなく練習次第でいくらでもできます。

ただ難しいポイントは、相対する人により無意識にポジションを変えてしまいますので

なかなか自分がどのようなポジションを所持しているのかを客観視しづらいことと

そのポジションを意図的に保つことができないことなどが、はじめは苦労します。

 

とまぁ、本日は取り留めもなくよくわからないことを書いておりますが

このような気づきをただ書き連ねたものを読んでもらうだけでも

自分にとっても読み手にとっても何か得られそうなものがあると思いませんか?

 

「不定愁訴の要因についてそんな視点があるんだ…。」

「なに訳わからないこと言ってるんだよこいつは!」

など、共感や反発など感情のふり幅が発生すれば

人は自然とこの物事について考えその人なりの結論を導きます

 

どんな駄文と思っているものでも、読み手に何かしらの気づきや結論を与えるきっかけになります。

そうすれば、読み手はまた一歩成長し、何かを得ていただけるわけです。

 

よくブログを書くことは敷居が高くて気が引けるですとか、単純にめんどくさいですとか聞きますが

日々感じたことをこのようにただ書き連ねるだけでOKなこともあります。

とにかく、書くことが重要なんです。

書けば自然と読み手を意識し出し、読みやすい文章に洗練されていきます。

まずは、とにかく書くことです。

 

おまけでWEB集客の基盤構築という特典もついてきます。

とにかくまずは気軽にブログをとにかく更新してください。

必ず、ホームページ集客の大きな力になってくれます。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

株式会社クニマツ

国松 昊世